ベル
WE LOVE DOGS ヨーキー ブログ
ヨークシャテリアのベルとスパイクは、姉弟ではなく、恋人でもなくて、ベストフレンズです。そのふたりの穏やかな陽気な日々を、ママの気ままなおしゃべりとともにお送りします。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドッグレース 1
パパ :  スパイク、ドッグレースで どのわんちゃんが勝つと思う 

ヨークシャテリア ヨーキー

Dad :  Which dog do you think will win, Spike ?




スパイク :  ぼくは、サモエドちゃんに賭けるよ 
         だって、ブログ友達のクローカさん 強そうだもの 

ヨークシャテリア ヨーキー

Spike :  I'll bet on Samoyed.
       Because a blog friend, Kloka looks strong.





スパイク :  行け~ 

ヨークシャテリア ヨーキー

Spike :  Go for it !




スパイク :  ベルちゃんも いっしょに応援してよ 

ヨークシャテリア ヨーキー

Spike :  Belle, cheer the dog up with me.




     ボランティアとは、 「自ら進んでする無償の奉仕活動」
     現在の中学生は、体験されている生徒も多いと思います。

     大人のほうが、ボランティアの意味をわかっていない方も
     いるかのように思える今日この頃です。




     たしなめるの英会話表現 
 
    No kidding.          「まさか、冗談でしょう。」
    You’re kidding.             
    Are you kidding?.         
    Come on.           「いいかげんして。」    
    Give me a break.              
               


  Thank you! ← 人気blogランキングへの応援クリックお願いします。

     
  

   実家の母は、30年前くらいから10年前くらいまで、
   捨て犬の保護・里親探し活動を 一人でしてきました。
   当時は、変人扱いされていたのが、現実です。

   最後には、実家の前が 犬の捨て場になってしまい、
   活動の意味を見失い、行政への抗議活動に変わりました。
   今は、病気がちで、のんびり過ごしています。

   母の活動の後期に、外人の方も、同じ活動を始められました。
   お友達になり、母も 物資の支援で協力していましたが、
   彼女は、何かを自分から求めたことはありませんでした。

   彼女の活動は、マスコミで取り上げられ、ボランティアが
   参加するようになりました。
   そんなある日、ある人から 彼女の代理と電話がありました。
   
    A 「コーヒーとカップメンを寄付しなさい。」
    母 「彼女に電話を代わってほしい。」
    A 「留守だ。」

   別に職業を持ち収入のある彼女が、人間の食べ物を要求して
   くるなんてありえない…
   度々、電話はかかってくるようになりました。

    A 「私たちは、誰も出来ないようなボラ活動をして、
       大変なのがわかっているのか?
       マスコミにも絶賛されているだろう。
       物資を持ってくるのは 当たり前だ。」

   母は、電話を彼女につないでもらえず、不信感だけを残して、
   もう連絡してこないよう伝えました。
   (後に、別の団体になったそうです。)


   現在、市町村の中には、避妊・去勢手術の援助金がある所も
   出てきています。
   実際、望まれない出産から、捨てられ、保健所で毒ガスで
   苦しみながら殺されるのだから、手術の促進は望ましい。

   ブリーダー法ができ、ペット販売価格は下がり、今度は
   ペット用品産業が盛んになってきている。
   ペットショップでは売れないと、最後には 「里親募集」 に
   変わってきている。

   母のような方たちの地道な活動家たちが、動物愛護の精神を
   確実に広めていっているのです。

   偉そうな御託を並べる前に、ボランティア精神を持ち続けて
   ほしいと 活動家に願います。
   
   PS:申し訳ありませんが、承認後の開示となります。      
スポンサーサイト
この記事に対するコメント
☆お返事で~す☆
みやび 様
ドッグレースに出ているわんこは、訓練されているのですが、それにしてもいきいき走ってる。v-81

わん子 様
先日、動物病院で、盲導犬が腰痛で歩けなくなっているのに出会いました。涙でちゃいました。v-81

ネコ娘 様
ピュアな心を持ち続けることができたらいいのですが…大人は私利私欲が絡んでくるのかな?v-81

ブ~ビィ 様
動物関係の専門学校が、わんこを訓練して、レースをさせてるんです。観戦しかできないの~v-81

くらら 様
室内犬を飼うと、ペットが家族だと思う気持ちが生まれやすいと思います。ずっと一緒ですからv-81
【2007/08/25 01:33】 URL | ベルママ #- [ 編集]

レース
走っているワンコたち、楽しそう、表情がイキイキしてますね。
華子はんも、思いっきり走らせてあげたいなぁ~。
【2007/08/25 00:01】 URL | みやび #8k87xx1. [ 編集]

わん子の気持ち
ワンボランティアって特に最初の一歩は難しかっただろうなあ~。
お母様はもうワンを飼っておられないのですか?
私、老後も犬と一緒に暮らしたい。
年とって犬の世話ができなくなると、やはり飼うべきじゃないですよね。
でも、犬に囲まれて死にたい。
人間が犬のボランティアをするのじゃなくて
犬が私のボランティアをしてほしい。
私ってベルママさんのママと違って相当心がけが悪いか~ぁ?

【2007/08/24 23:14】 URL | わん子 #q7EjBrqg [ 編集]


正直なところ、ボランティア活動を行っている大きな団体のなかには、
いろいろと内輪の揉め事がある団体や
団体同士の関係が好ましくなかったり・・・
なかなか思うようにならないこともあります
とっても残念なことなんですが・・・それが実態なのかな
もちろん、しっかり活動されているところもありますよ
一人ひとりの心の中に命あるものを慈しむという基本的なことを
育てていかなくちゃいけないんですよね
【2007/08/24 23:12】 URL | ネコ娘 #- [ 編集]


ちぃ~すv-222 ベルママさん。
ここんとこの麺類消化により、すっかり間延びしたオレっちです(笑)
スパイク君も出れば良かったのに~。
小さくてもすごく早いし、優勝したかもしれませんよ!
【2007/08/24 22:12】 URL | ブ~ビィ #- [ 編集]

わんこの気持ち
我が家にわんこたちがやってきたのが去年。こどものためにと思って飼うことにしたのだけれど、自分自身のわんこや動物に対する気持ちが100%変わりました。
うちの2わんこは、今では家族そのもの…。
一緒に過ごしてみて、わんこにもわんこの気持ちがあり、ちゃんと神様から命を授かっているんだと思うようになりました。
お母様は、ほんとにえらいと思います。たぶん昔は、周囲の理解をほとんど得られなかったのでは?それでもずっと活動されていたことに、ほんとにすごいと思います。
【2007/08/24 21:43】 URL | くらら #- [ 編集]

☆お返事で~す☆
harula 様
最近の日本は、捨て犬保護活動を美化していますが、実際活動すると、これが現実なんです。v-81
【2007/08/24 21:13】 URL | ベルママ #- [ 編集]

悲しいですねーー
生きているものをへいきで捨ててしまう人の気持ちがわかりません。
外で犬を飼い、妊娠してしまう犬。その子供たちを自分たちの責任で生まれてきたとは、思わず、犬のせいにして捨ててしまう飼い主。
お母様の家の前が捨て犬の場所となってしまったことを悲しく思います。
動物を飼うなら家族として彼らのことをよく知ったうえで愛情を持って育ててほしいと願います。
【2007/08/24 18:21】 URL | harula #rbF5.QZA [ 編集]

☆お返事で~す☆
Mako 様
母は、遺産金を、活動に費やしました。でも、終わりがなくて、全てを助けられないのが辛い…v-81

きゃらめるママ 様
お知り合いの方、大変ですね。野良犬は、狂犬病予防法の基に、殺されるのが悔しいですね。v-81

ぼーち 様
長い距離をいっしょけんめい走るわんこに、感動しますよ。ヨーキーにはできそうもないもの~v-81

りんママ 様
今飼っているわんこを大切にすることが、一番の動物愛護だと私も思います。家族ですから~v-81

cheese 様
偉そうに御託を並べている例の方には、閉口します。無駄とわかっていて、ささやなか抵抗…v-81
【2007/08/24 17:46】 URL | ベルママ #- [ 編集]


スパイク君、さすが男の子。ドッグレースに興味津々なのですね~。
で、スパイク君は、参加しないのかしら~?
きっと、ベルちゃんが応援してくれるよ~v-441
↓もそうですけど、おそろいのお洋服や浴衣、とっても可愛いですね。
まるでほんとの姉弟みたいに仲が良くて、いつ見てもほほえましいです~。

ボランティア団体って、真剣に取り組んでる人もいるのでしょうけど、悪用してる人もいるようで、判断が難しいですよね。
私、高校生の頃、ボランティアサークルに所属していましたけど、いつのまにか、日常に追われて、その頃の気持ちって忘れてしまったような気がします。
でもね、その頃、ボランティアって難しい・・・って思った記憶があります。
お母様ご立派です。
【2007/08/24 15:37】 URL | Mako #- [ 編集]


いつもはベルちゃんが伸び上がってキョロキョロしてることが多いのに、
スパイク君が一生懸命、眺めてますね。
ベルちゃんは眠かったのかな?

何かを要求したら、その時点でボランティアじゃなくなってしまいますよね。
私の知り合いにも、全くの一人でワンコたちを助け、自腹で避妊去勢手術を
受けさせたり里親を探したりされている方がいます。
彼女は心の底からワンコたちを助けたいと思ってされているのですが、
最近は「あそこに捨て犬が」などという相談が増えすぎて困ってらっしゃいます。
まずは飼い主それぞれが責任を持って捨て犬を作らない努力をすべきですね。
避妊・去勢手術の援助金は、全国に広がるといいんですが。
野良ちゃんだけが対象でもかまわないと思います。
【2007/08/24 12:11】 URL | きゃらめるママ #FSWxS8aY [ 編集]


ドッグレース予想は的中しましたか?
私もドッグレース観る機会があったんですけど
時間が合わずに観れなかったんです(´・ω・lll)ァ...
楽しかったですか?
【2007/08/24 11:49】 URL | ぼーち #- [ 編集]

こんにちは
お母様、素敵な方ですね。
私の子供の頃は、「犬・猫=家族の一員」ではなくて「ただのペット、番犬」といった位置づけだった気がします。必要になくなったから処分する、増えすぎたから捨てる。そんな考えが何となく当たり前だったのでしょうか・・・。
そんな中でお母様はお一人で保護・里親探しをされていたとは、大変だったことでしょう。
そういえばボランティアって子供の頃よく参加していました。
大人になると・・・全然ですね。
今の私に出来る事はこの子を精一杯、愛して大切にして不幸にしない事だと思っています。
【2007/08/24 11:02】 URL | りんママ #- [ 編集]

http://mdmy.blog52.fc2.com/
ほんとその通りっすね!
ボランティアってね、並大抵の心持ちじゃ絶対できないと思う
人間ってやっぱりどこかで見返り求める生き物だしね・・・
ベルママさんの御母様や、その外国人の方は、すごいと思うなぁ
尊敬する・・・ほんとに。
ベル&スパイクは、アロハ着てるの!?カワイイぞ~
【2007/08/24 09:17】 URL | cheese #- [ 編集]

☆お返事で~す☆
キム 様
相手の方は、母が活動していたのを知らずに、彼女の電話番号帳から勝手にかけたようです。
母は自慢しないのが、ボランティアだと考えているから、相手にそのことを言うはずもなく…v-81

びじゅ 様
スパイクが、いつもカートの奥なのですが、この日は逆でした。男子は、やはり興味津々かな~v-81
【2007/08/24 07:10】 URL | ベルママ #- [ 編集]


ボランティア活動ですか?確かに前出で書かれてますがキムも信用してないですね…そしたら、貴方は出来るのか?と尋ねられると答えはNOですけど。やはり、自分の生活でいっばいいっぱい~人の事までと言うのが実情では無いでしょうか?そんな中~お母様は熱心にされてるのに色眼鏡で見られ…何が善くて何が悪なんでしょう?おかしな現代社会?身近な人や大会社も信用出来ない時代ですね。
【2007/08/24 06:36】 URL | キム #BU6NsFeA [ 編集]

まさか
お肉がグルグル回っているドッグレースではないですよね?(笑)
こんなレースがあるんですねぇ~
応援にも熱が入りますね!
【2007/08/24 05:56】 URL | びじゅ #dZ8n7Uo6 [ 編集]

☆お返事で~す☆
コボリン 様
人が人を信用できなくなったら、本当に悲しいですね。信頼しあえる日がくることを願ってます。v-81
【2007/08/24 00:57】 URL | ベルママ #- [ 編集]


スパイク君本当にお話しているみたいで可愛いv-10
でも、スパイク君の下にチラリズムで黄色いシャツが見えるのは下にいるベルちゃんなのですねv-410
ベルちゃん下で何してるのかな?なんて、気になっちゃいますv-341

ボランティア団体について、私の個人的な意見で申し訳ないのですが、正直言ってあんまり信用できずにいます。
わんこを飼う身になって不幸にも一生をまっとうできないわんこを1匹でも救出したい気持ちは持ち合わせておりますが、実際には引き取ったりもできず、ならばボランティア団体に・・・と思うのですが、実際にボランティア精神で団体運営している所と、そうでない営利目的の所の見分けが素人の私にはできかねております。

わんこに限らず、町に立っている災害募金の人などもマスコミによって、全ての募金金額を着服していたと報道された団体もあり、何も信じられない今日このごろであります・・・

ベルママさんの書いている団体も実際に活動をしているうちに、そもそも持ち合わせていた精神を忘れてしまったのか・・・なんて思ってしまいます。
それにしてもお母様偉い方なのですね。尊敬いたします。
そんな方が身近にいたら支援したい気持ちはあるのですが、きちんと見分ける目が欲しいです。
【2007/08/24 00:45】 URL | コボリン #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



     
 ペット ヨーキー ベル 
 
初めて訪れる方へ
  過去のベストをご覧下さい。
   1.着物
   2.おやすみ中なのに
   3.お庭デビュー
   4.こけた
   5.動物愛護

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


最近の記事


月別アーカイブ


  ペット ヨーキー ベル 
最近のコメント


  ペット ヨーキー ベル 
わんちゃん リンク


リンク

このブログをリンクに追加する


  ペット ヨーキー ベル 

     

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。