ベル
WE LOVE DOGS ヨーキー ブログ
ヨークシャテリアのベルとスパイクは、姉弟ではなく、恋人でもなくて、ベストフレンズです。そのふたりの穏やかな陽気な日々を、ママの気ままなおしゃべりとともにお送りします。
動物愛護
ヨークシャテリア ヨーキー


ブログ友達の 「Jun 君といっしょ」 Jun 母さんが、
広島ドッグパークの件で信頼した動物愛護団体のことで、
最初に注意メッセージを私は送りましたが、他に頼る団体
もなく、最後には不信感を残し活動が終止符になります。
Jun 母さんたち、ご自分を責めないでくださいね。

また、私自身、募金のことをみなさんにお知らせして
本当に申し訳ないと思っています。母の忠告にもっと
耳を傾けるべきだったかもしれません。でも、私たち
の募金は広島の犬のために使われたと思いましょう。

以前、実家の母は、婦人連合会の副支部長の活動をして
いました。主な目的は、女性の地位向上だったようです。
公共施設の視察、抗議集会など活発に参加していました。

その中でも、母が遺憾に思ったことは、保健所に視察に
行ったときに見た光景です。狂犬病予防法に基づく犬の
捕獲・殺処分の問題を、真剣に考えるようになりました。

しかし、日本は悲しいですが、聞いてもいないのに
「私、犬は嫌い」 と言ってもかまわない国です。
根本的に動物愛護の意識が低いことが表現されています。


賛同者を集めることは、当時難しかったようです。
そして、母は迷子犬の保護、飼い主探し、里親探しの活動
を一人で始めました。会のネットワークがあったので、
一般の方よりは広範囲の活動ができました。

心底から同じ気持ちに出会えた方は、NPO法人「ARK」
のオリバー代表だけだっと言います。
そんな母も年を取り、今は犬も飼わず、のんびり過ごして
います。もちろん、わんこたちの思い出といっしょに…



 チャックの思い出 

ごみ焼却炉に捨てられたお腹の大きかったわんこは、どうやら
そこで出産したのですが、誰かが保健所に通報して、母親犬と
赤ちゃん犬たちは、保健所に捕獲されてしまいました。
母が聞きつけて行った時には手遅れでした。

でも、微かな泣き声に気づき、灰を掻き分けると、一匹残って
いたのです。赤ちゃん犬は、空腹を灰で満たしながら…

そのわんこは、母がとても気がかりで里親になりました。
どんどん大きく成長し、獣医さんは秋田犬と判断されました。
甘やかしすぎて、ちょっとわがままに育ってしまい、散歩中
引っ張られて、母は足を骨折しても、チャックはかしこい犬
だと言っていました。

初めて牛肉を食べたとき、涙を流して、声をウォ~ンと出し
ながら、喜んだことが忘れられません。食べることをいつも
楽しみにしてました。
力がある反面、病弱でよく獣医さんのお世話になりました。

12才過ぎて、前立腺肥大になり、外科手術を受けました。
手術は成功しましたが、3年後には膀胱癌になり、今度は
手術ができなく、転移していき、癌の闘病生活を強いられる
ことになり、でも、母は最後まで看病しました。

自分で尿が出せなくなる病気なので、かかりつけの獣医さんが
週3回往診してくれました。出世時のことを知っているので、
往診代は別途請求されず、チャックを可愛がってくれました。

母の精一杯の愛に囲まれて、幸せなチャックだったと思います。 
 


 みなみの思い出 

捨て犬を拾って、でも、おうちでは飼えないと言われた小学生
の女の子が、公園の手すりに引き綱をくくり付けていた子犬が、
夜吠えてうるさいと苦情が出て、母が保護しました。

真っ暗闇の中、物音や雨に怯えても、引き綱に繋がれているので、
逃げることもできなかったかわいそうなわんこは、給食のパンを
ときどきもらって、フードはそれだけだったようです。

母が連れ帰ったとき、玄関の下駄箱の下に入り込み動きません
でした。安全だと思えた場所だったのでしょう。
真っ黒い色のわんこは人気なく、里親がどうしても見つからず、
母が飼うことになりました。

3ヶ月の間、公園に拘束されたみなみの警戒心が完全に取れるの
には、10年の歳月がかかりました。いつもブルブル震えていて
大きな物音がすると、暗い場所を見つけて隠れ丸まっていました。

自分から甘えてくることはなかったのですが、10才のとき、
母にやっと体を摺り寄せてきたときには、母は泣いていました。

そして、みなみは15才のときに穏やかに天国に旅立ちました。 

                              WE LOVE DOGS


  残念ですが、私は母のような活動家にはなれません。
  でも、動物愛護の精神は受け継ぐことができました。
  ブログを通して、動物愛護のために何ができるか
  みなさんといっしょに考えていけたらいいですね。


ヨークシャテリア ヨーキー


スパイク: おばあちゃんに、ポチをありがとう♪Thank you



べル: 動物たちにメリークリスマスのポチお願いね。Thank you



 猫好きの方へ 

母は犬だけでなく、迷子猫に出会ったら保護してました。

お迎えの奥さんが猫好きで、ある日 捨て猫を飼ってと頼んだら
「あなたに頼まれて、もう3匹飼ってるのよ。
 もう、これ以上は無理よ!」 
と言われたのには笑ってしまいました。


 ノンの思い出 

近くの公園から、赤ん坊の泣き声して、父が見に行ったら、
人ではなく、猫だったのです。真っ黒い子猫で、なぜか不吉扱いで
里親は見つからず、うちで飼うことになったのです。

ノンは、リーダーのビーグルのスヌーピーにしつけられました。
スヌーピーとナナとシンヤの3わんのお散歩に、ニャーニャー
鳴きながらついて来るので、ご近所さんたちは笑っていました。

ノンは、魔女の宅急便の猫に似ていて、かわいい顔の猫でした。

3わんが、老犬になってお散歩しなくなってから、ひとりで
お散歩に行くようになってからは、のら猫軍団にいじめられる
ようになったのです。けがをして帰ってくることも…


 シロの思い出 

そんなノンを助けて守ってくれたのが、真っ白いのら猫でした。
ノンがお散歩するときには、ついていてくれるようになったので、
軒下にダンボールを置き、毛布を入れ、フードとお水も用意した
ら、夜はそこで寝るようになりました。

いつしか、昼もそこにいるようになりましたが、おうちの中には
入ろうとはしませんでした。お散歩は、ノンといっしょです。

黒い猫の女の子と、白い猫の男の子のキュートな恋物語ですね。

数年後、シロが帰らぬ猫になり、ノンも後を追うように… 
                           
                              WE LOVE CATS



 英会話で訪問の方へ 

すみませんが、今日は英語はお休みします。


 最後まで読まれた方へ 

動物の命の尊さがわからない人に、人間の命の尊さもわからない。


どうかこのメッセージをお持ち帰りください。

そして、このような動物愛護団体への不信感から、今後 
動物たちへの支援者が減少するようなことがないように、
心から願っています。 
スポンサーサイト

テーマ:ブログペット - ジャンル:ブログ

この記事に対するコメント
怖いです。
風邪の具合は、いかがですか?PCが届いてびっくりして風邪を引いてしまったのでしょうか?
今日記事を読んで、このパークのその後を知りました。
日本でこうなのだからここだとどうなってしまうのでしょう。

外から見ていると日本は、あまりに殺人、いじめ、虐待、恐喝が多すぎるように思います。
弱いものいじめ、環境の低下などなどいろいろな原因があるのでしょうが
あまりに私が住んでいた6年前と今では、違いがありすぎるようです。
この間、PCの普及、ハイテクなど急激に伸びなんでも手に入る、何でもPCから学べるようになって変わってきたのかもしれません。
いじめの話も毎日聞きいっこうに前へ進まない間に又自殺。弁明、弁解。
大人がこんなだから子供が信じない。大人が動物虐待をするから子供もしてしまうのです。早く何とかしないと。。
私、本当に日本へ行くのが怖くなってしまいます。

早く風邪を治して素敵なクリスマスv-255がご家族で迎えられますように!
【2006/12/13 22:23】 URL | harula #rbF5.QZA [ 編集]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2006/12/13 22:11】 | # [ 編集]


一足早いサンタさんが来たんですねー
いいですね!念願のPCですねi-217
横浜でスヌーピーSHOP行って来ました、ベルちゃんとスパイクくんのおうちがありましたよー
広島のdogパークの話はちょっとニュースで見ました、少し残念は話ですが・・・
実際幸せになることのできたワンコがいる、そう思えば救われると思います。
今後のボランティアへの影響が出なければ・・・と。
【2006/12/13 21:10】 URL | Terraママ #- [ 編集]


ベルママさん、体調はどうですか?
私のブログでジョージクルーニーが18年一緒に暮らしてきた豚が亡くなったという
記事を書いたのですが、動物なのに、こんな家族以上の感情が持てることが信じられないと言っていました。人間もそうですが、動物への愛情もずっと一緒にいる事で養われていくものなんですね。早く元気になってください!
【2006/12/13 15:45】 URL | valeny #- [ 編集]


はじめまして。履歴を頼りにやってまいりました。
ベルママのお話、心に響きますね。
人と動物の共存確かに難しいですよね。
私は犬が好きで飼っていますが、やはり苦手な人もいると思うのです。
だからこそ、犬も人間も外の動物も幸せに過ごせる、そんな社会を作りたいですね。
私はとてもベルママさんのお母様のようにはなれませんが、せめて自分が飼うと決めたペットは責任を持って飼いたいと、それが私にできる唯一の私が確実に責任を持ってできる動物愛護と思っています。
活動されている方々からすればとても低い志かもしれませんが…。

これからもまた遊びに来ますね。そして応援しています。
【2006/12/13 14:49】 URL | miki #LtuFQDGY [ 編集]

☆お返事で~す☆

風邪の熱で寝込んでいます。
お返事 ご訪問 アップは、お休みさせてください。


あきらマンから、動物愛護の先進諸国イギリスとアメリカの例を挙げられ、
国の協力が必要というご意見いただきました。私も、同意見です。
そのためには、世論が必要なんです。ランキング争いが加熱している方々も
おられますが、ペットブログとして、動物愛護への世論を作っていくことに、
パワーを注いでほしいです。真のペット愛好家として、誇りを持ってほしい。
(お友達のブログが、ランキングから嫌がらせからか一時的に外されました。)


英語ランキングが落ちていることからも、いかに動物愛護の精神が、日本人には
ないということです。これでは、先進文化が向上す気配は全く感じられません。
前にも書きましたが、心理学上、凶悪殺人犯は動物虐待から始まります。
国として真剣に取り組まないといけない問題なんです。世論が強まりますように!
サンタさんに、ベルからのお願いです。v-480

【2006/12/13 12:56】 URL | ベルママ #- [ 編集]


いろいろありがとうね(*^ ^*)  

みんなが動物愛護の精神を持って 
わんちゃんを飼っていけたらいいですね~

ベルちゃんスパイクちゃん お目目がとっても綺麗ですね(* ^)(*^-^*)ゞ

あとでゆっくり読ませていただきますね。
【2006/12/13 05:11】 URL | niiniimama #- [ 編集]


ベルママさんのお母様、本当に素晴らしいお方です。頭が下がります。そしてその精神を引き継いで、こうしてブログにしっかりと自分の意見を書かれているベルママさんも素晴らしいと思います。。
「アーク」のオリバーさんのことが書かれていて、驚きました。栗毛もアーク(アニマルレフュージ関西)さんの精神に賛同して、ペラペラの財布から少しばかりの寄付をしている一人だからです。一昨日、「アーク」から会報が届いたのですが、大きく「アークエンジェルスとは全く別の団体です」的なことが書かれていました。。。動物を愛する人々の善意を裏切ってしまったアークエンジェルスは、罪が大きいです。でも、彼らによって助かった命も多くあり、、、そのことだけが救いです。。。
いろんな動物愛護団体があり、どこまで信用できるのか、営利目的ではないのか?など判断するのはかなり難しいですが、、、、「アーク」のオリバーさんだけは、絶対の信頼ができると栗毛も思っています。。
【2006/12/13 01:27】 URL | 栗毛パンダ #- [ 編集]


こんばんは♪
たくさんお金が集まれば、目が眩んでしまうのも無理はない・・・のかな?
他の愛護団体もそういうふうにみられないか心配です。一生懸命に活動している
団体もたくさんあると思うので・・・。
でも、広島のわんこが助けられたのも事実。1頭でも多くのわんこが幸せになれれば
いいと思います。
お母様の活動は素晴らしいですね。私もこの間、中型犬の迷いわんこを保護してしまいました。後先考えずに・・・。
すぐに飼い主さんが見つかったので、良かったんですけど。もし見つからなかったら、「とらうた日記+α」に
なっていたかも(^-^;

小さい命は私達に大きな幸せを与えてくれます。本当に愛しい存在ですよね♪

【2006/12/13 00:36】 URL | kana #- [ 編集]


ドッグぱーくの事件はたくさんの教訓を残してくれたと思います。
私は現地が近かったので、いつかはボラ参加したいと思っていたのですが、結局一度も行っていません。
自分が忙しかったのもあるのですが、知り合いに、オリバーさんの講演会のお手伝いをされた方がいて、アークとAAが分かれた事とか、いい噂を聞かない事を教えられ、団体が入ったボラ活動は必ずややこしいことが起こるから、と止められていました。
それでも参加してくださった方には心苦しい気持ちです。
やっぱりボラに行けばよかった、と少しの後悔もあります。
本当に何もできなかった私で、活動に参加してくださった方々には感謝するばかりです。

今は自分の毎日がとてもとても忙しすぎて、何も出来ないのですが、いつか何かで役に立てることがあれば、ぷりんからもらった優しい気持ちをみんなに分けてあげられるようになりたいと思っています。
【2006/12/12 22:51】 URL | きゃらめるママ #FSWxS8aY [ 編集]


ベルママさんのお母様は素晴らしい方ですね。
何かをしなきゃと思ってもなかなか出来るものではありませんよね。
どんなワンコやネコちゃんにもしあわせに過ごしてもらいたいです。
お母様のような事は出来ませんが
私にもどんなことが出来るか考えていきたいと思いました。
【2006/12/12 22:23】 URL | マロンママ #6vJEdDH6 [ 編集]


アメリカやイギリスの保護施設はあくまで保護施設であって、ほとんどが新しい飼い主が見つかるまで世話するそうです。維持費などは地域からの寄付でまかなってるらしいです。日本は“預かり所”的な要素が強いですよね。イギリスではマイクロチップを埋め込むのを承諾しないと飼えないそうです。放置や虐待するとすぐに飼い主が分かり処罰されるそうです。それにウィンドウ越しに犬や猫を陳列して売る事は虐待扱いされて禁止されてるらしいですよ。それに比べると日本は動物に対する意識が遅れてると思いますが、そうなるためには国の協力が必要なのかな?
【2006/12/12 20:21】 URL | あきらマン #- [ 編集]


ベルママさんのお母様、とても素敵な方ですね。
心が温まるたくさんのお話、ありがとうございました。
ベルママさんが最後に書いてくださった言葉、
大切に持って帰りますね。そして、ずっと忘れません。
人間と動物の命を別物、としてとらえてしまっている人は
きっと本当の命の大切さを知ることが出来ないのでしょうね。
そして人が全ての命を大切にするきっかけを作るのは、やはり動物なのだと思います。
【2006/12/12 18:46】 URL | 空 #qqH7dofw [ 編集]


こんにちは!
世の中には自分達には考えられないような酷い事を
する人たちが沢山います。育ててきた犬を平気で置き去りにする人。
子犬を物のように捨ててしまう人・・・・・・・・
犬は物ではありません。せめて自分が飼った犬くらいは責任をもって
最後まで看取ってあげたいものです。
世間のペットに対する意識がもっと向上すれば哀しい出来事も減ると思うんですが
中々難しいですね・・・・・・

話は変わりますが、ドッグランでうちの犬もめったに走りませんよ!
フェンス際をとぼとぼしてるだけなんです・・・・しかも一人で・・・・
とぼとぼ連盟を発足したんですが会員はまだぷーだけ・・・・ちょっと暗い犬かも・・・
【2006/12/12 17:41】 URL | mannmasrukobusi #- [ 編集]


こにちわw ベルママの大ベルママさんは本当にすばらしい人ですね
可愛そう・・・だけでの気持ちでは出来ない行動だと思いマス。活動の中では色々と悔しい思いや辛い思いもあったと思います。ホント頭が下がります。私は何も出来ない非力な生き物です。広島の件もただ可愛そうと涙してるだけでした。裏では色々な問題も出てるみたいですね;;
そんな自分は好きじゃないです
ただ可愛そうって思うだけで私は何もしてないんだもん・・・
思ってる今も辛く苦しんでるるワンコがいるのにね( ノД`)
その分って言ったらいい訳かもしれないんですが、我が家のワンコ3匹を
精一杯愛情を注ぎたいと思ってます
長いコメントになってしまったデス また来ますね( *・ω・)ノ


【2006/12/12 15:18】 URL | ドシー #AgqTaBCE [ 編集]


ベルママのお母様の活動に頭が下がります・・・・
そして、出会ったワンコ達・ニャンコ達・・・・しわせになれたね・・・・
広島の件、どれが本当の情報か?って思う事もある・・・・
私たちは、一人一人が責任を持って行動する事が必要なんですね。
ベルママのお母様のようには出来ないけど、小さな事から、始めたいと思います。
動物愛護について、あらためて考えさせられました・・・・
ありがとう!!
【2006/12/12 13:01】 URL | タロママ #- [ 編集]


愛されてるワンコ以上に悲しい境遇のワンコ
がたくさんいるのだと思います。
人間の子供でも悲しい境遇の子が
いなくはならないくらいですもんね。
全てのワンコを助けるのは不可能だと思いますが
せめて自分の出逢った子はできるだけ
幸せにしてあげたいですね。

新しいPCうらやましい。家はまだウィンドウズMeです・・・^^;
【2006/12/12 11:34】 URL | どしっぽ #- [ 編集]


ベルママさんのお母様は、ステキな方ですね。
きっと心がキレイで、誰に対してもわけへだてなく、接することができる本当にステキな人だったんでしょうね
そんな中で育ったベルママさんも、きっとそういう心の持ち主なんでしょうね

P.S.広島の件って何があったかわたし、わかってないんですけど・・・
【2006/12/12 10:32】 URL | cheese #- [ 編集]


おはようございます~
ベルママさんのお母様、とってもお優しい素敵な方ですね。
ベルママさんも自慢のお母様ですね。
情報化時代。ちょっとしたことがどんどん違う方に傾いてしまう可能性も多々あります。
私たちも冷静に、1点からだけでなく、多方面からの情報を得ることが大事だと思っています。
犬には罪はありません。そんな犬たちを幸せにしてあげなくちゃね。
【2006/12/12 10:24】 URL | えこりん♪ #- [ 編集]


ジーンと心うたれる話をありがとうございました。
ベルママさんのママに出会った子たちは幸せでしたね。
なかなか誰でもできることではありません。
気持ちはあっても環境や経済的なことも考えると難しいですね。
動物達の命はすべて人間によって決まってしまう…
世の中には狂った人間もいたりする今の世の中です。
すべての子に幸せな出会いがあるといいのに…

サンタさん到着しましたね~
うちもずっとVAIO派です。
買い替えには迷わずまたVAIOで~す。

【2006/12/12 07:37】 URL | thomas&diaの母 #- [ 編集]


とてもいいお話ばかりですね
僕は「動物」と「人間」という線引きをしません
同じ「いきもの」であると考えています
命の尊さはいきもの皆平等な社会を望んでいます
【2006/12/12 01:47】 URL | ズイコー #- [ 編集]


ベルママさんのお母さんは素晴らしい方ですね。
可哀相な動物達を助けたい気持ちはあってもなかなか行動に移すのは難しいです。
経済的にもゆとりがないと出来ないですよね。
人間ひとりひとりが動物を心から愛すれば可哀相な子達は居なくなると思うけど。
ただそれだけの事なのにね。



【2006/12/12 00:45】 URL | ぷ~たんのママ♪ #JalddpaA [ 編集]


ベルママさんのママってすばらしい!
私、まねできないわ~。
ベルママさんはお母さんの精神を受け継いでいるし、その精神を広く伝えようとしているから・・すばらしい!
私はベルママさんのメッセージを持ち帰ります。それからうちの子たちをかわいがります。それだけしかできないけど~、でもあったか~い気持ちになれそう。
パソコンの前でこちらを向いているベルちゃん、すごく美しいレディになったねえ。
それにお手入れが行き届いている。お顔の毛がきれい。
【2006/12/12 00:24】 URL | わん子 #q7EjBrqg [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



     
 ペット ヨーキー ベル 
 
初めて訪れる方へ
  過去のベストをご覧下さい。
   1.着物
   2.おやすみ中なのに
   3.お庭デビュー
   4.こけた
   5.動物愛護

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


最近の記事


月別アーカイブ


  ペット ヨーキー ベル 
最近のコメント


  ペット ヨーキー ベル 
わんちゃん リンク


リンク

このブログをリンクに追加する


  ペット ヨーキー ベル