ベル
WE LOVE DOGS ヨーキー ブログ
ヨークシャテリアのベルとスパイクは、姉弟ではなく、恋人でもなくて、ベストフレンズです。そのふたりの穏やかな陽気な日々を、ママの気ままなおしゃべりとともにお送りします。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新しいお洋服2
スパイク :  ぼくが何のタンクトップを着ているかわかる 
ヨークシャテリア ヨーキー
Spike :  Can you tell what kind of tank top I'm wearing ?





ベル :  私のは?  わかりにくかな~
ヨークシャテリア ヨーキー
Belle :  How about me ?  Is it difficult ?





スパイク :  ママ、もう おやつもらえる? 
ヨークシャテリア ヨーキー
Spike :  May I get snacks now, Mom ?






ママ   :   みんなに答えを言わないと
スパイク :  あっそうか~  ぼくは、ウッドストックのタンクトップだよ
ベル   :   私はスヌーピーのタンクトップよ
ヨークシャテリア ヨーキー
Mom :   You need to tell your friends the answer.
Spike :  Oh, I see.  My tank top is Woodstock.
Belle :  My tank top is Snoopy.





    狼爪(ろうそう:親指にあたる側面にあるつ爪)
 
   前肢の狼爪は、どの犬にもあり、通常切除されません。

   後肢の狼爪は、ある犬とない犬がいますが、神経の発達していない
   生後1週間以内に切除されます。 
   切除の理由は、
    ① 歩いても削れない爪だから、手入れの必要がある
    ② 第一指が退化したもので、骨がないから
    ③ 歩くのに不要だから
    ④ スタンダードにはないから
    ⑤ ぷるぷるついているので、日常生活の散歩でも、
       ひっかけてもげたり、怪我をすることがあり、
       特に体幅が狭い犬種は、走るときにひっかけやすいから

   しかし、最近は、愛護の観点から反対派もいます。

   
   子供のころ飼っていたビーグル犬は、祖母のおうちで産まれました。
   一番小さく産まれたビーグルをもらうことにしたのです。
   狼爪切除の話を聞いて、可愛そうに思い、その子には断りました。

   しかし、狼爪は切りにくく、出血もしやすかったです。
   また、あちこちによく引っかかりました。
   スヌーピーは、自分で部屋のドアを開けれたので、
   家中を好き勝手に移動していたので、危険箇所がいっぱい…
   その度に、痛そうに泣いていたのです。

   ある日、私たちが外出中に、どこかで引っ掛けて折れてしまい、
   出血量が多く、大変痛そうに泣いていました。
   そして、結局は麻酔をして切除してもらうことになりました。

   犬と何匹も長く生活してきて、犬を愛し続けて、
   私が思うのは、簡単には反対と言い切れないということです。



スポンサーサイト


     
 ペット ヨーキー ベル 
 
初めて訪れる方へ
  過去のベストをご覧下さい。
   1.着物
   2.おやすみ中なのに
   3.お庭デビュー
   4.こけた
   5.動物愛護

カレンダー

05 | 2007/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


最近の記事


月別アーカイブ


  ペット ヨーキー ベル 
最近のコメント


  ペット ヨーキー ベル 
わんちゃん リンク


リンク

このブログをリンクに追加する


  ペット ヨーキー ベル 

     

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。