ベル
ヨーキー、ベル&スパイク  WE LOVE DOGS
ヨークシャテリアのベルとスパイクは、姉弟ではなく、恋人でもなくて、ベストフレンズです。そのふたりの穏やかな陽気な日々を、ママの気ままなおしゃべりとともにお送りします。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

つぶやき
 ベルとスパイクの育てのママのつぶやき


子供の頃、祖母の飼っていたビーグルが出産して、女の子をもらった。

本当に本当にかわいくて、一人っ子の私は大喜びでした

スヌーピーが好きだったので、女の子だったけど、スヌーピーと名づけた。

スヌーピーは、学校から帰ってくると喜んで、いつも胸にむかってジャンプしてきた

ボールを投げてとおねだりしてみたり、また毛布の取り合いが好きだった。

テレビを見ては笑ったり、泣いたりするおかしなスヌーピ-だった

音楽が好きで、クラッシックをかけると、両方のスピーカーの真ん中に座った。

暑いと、エアコンを向いてハーハー… それから私の顔を見てはつけてといわんばかり
寒いと、コタツに潜りこむ

夜は、私のベットで寝ていた。父が夜、お土産を置こうと私の部屋のドアを開けると
吠えて噛み付こうとした。「お父さんだ」と叫ぶと止めるが、ウーと怒っていた。

ある日、スヌーピーがぐったりしていて、なんだかお腹が張っている。
動物病院の先生が急いで往診に来てくれた。診断は、なんと! 【創造妊娠】だった
数日後、寝ているスヌーピーのお腹にそっと、先生がヨーキーの赤ちゃんを置いていった。
目覚めたスヌーピーは、飛び跳ね喜んで、そしてお腹は元に戻った
以前から、先生に小型犬を頼んでいたので、ビーグルではなかった。
ヨーキーが成長してから、鏡に映った自分たちの姿を見比べ、首を傾げていたことがある。
だましてごめんね。
でも、親のようにいつも世話をやいていたね。

大学時代、下宿していたので、スヌーピーと離れ離れに…
家を抜け出しては、駅で私の帰りを待っていて、終電が去ると家にしょんぼり帰っていったそうだ。

夏休みに家に帰ると、しばらく信じられないとびっくりした顔…
そして、すごい勢いで胸にジャンプ… 目にはお互い涙が…

老後は、好きだった散歩も出来なくなり、リビングで寝ていることが多くなった。
笑うことも、泣くこともなくなっていき、いつしか安らかな眠りへと

15年間のすばらしい思い出を本当にありがとう! スヌーピーは犬ではなく、妹以上だった。 
大好物のミルキーを見ると、涙がこみ上げてくる。心から愛していた
そして、今も愛し続けている。 


実家にいた頃も含めて、今までに、わんちゃん10匹飼ってきたけど、
別れはいつもいつも悲しく辛かった。

最後は、かなりひどいアトピーの シーズーのミキでした
いろいろ治療したけど、治らず、見てて何もしてやれないのが、可哀そうでした。

もう、飼わないと思ったけど、いないともっともっと寂しくて、また飼うことにした。

かわいいベルと、かっこいいスパイクに出会えたことに 感謝しています

みんなにも、すばらしい出会いがありますように

We love dogs.








スポンサーサイト

テーマ:ブログペット - ジャンル:ブログ



     
 ペット ヨーキー ベル 
 
初めて訪れる方へ
  過去のベストをご覧下さい。
   1.着物
   2.おやすみ中なのに
   3.お庭デビュー
   4.こけた
   5.動物愛護

カレンダー

04 | 2006/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


最近の記事


月別アーカイブ


  ペット ヨーキー ベル 
最近のコメント


  ペット ヨーキー ベル 
わんちゃん リンク


リンク

このブログをリンクに追加する


  ペット ヨーキー ベル 

     

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。